生活に欠かせない音楽

テレビの情報番組を観ていたら、
就業中音楽を流している職場が
取り上げられていた。

 

何でも、音楽をかけている方が
社員の仕事の能率が上がるメリットが
あるらしい。私は、それを聞いてなるほどと
思った。

 

以前倉庫作業のアルバイトをしていた事が
あるが、その時は有線を流していた。
有線では、流行の音楽や人気のある歌手の
音楽が流れている。
今までそんな職場に行った事がなかったので、
新鮮で楽しかった。
作業自体は黙々と行うものだったのだが、
それ程疲れを感じなかった。

 

テレビで取り上げられていたのはIT企業で、
コンピュータ作業をしている部署だった。

 

もちろん、ハードロックや好みが偏る
音楽はNGかもしれないが、軽い音楽や
J-POPなどは流しても良いのではないだろうか。

 

トラックの長距離運転手なども、ラジオを
つけて運転する事があるようだが、
これは本能的なものなのかもしれない。
同乗する相方がいて運転を変わってくれたり、
気をほぐすような話が出来るのなら
わかる。しかし、それはあくまでも理想だ。

 

一人の運転や会話が不得意な
同乗者がいる場合は、ラジオを聴いて
車内の空間を和らげる事も出来るし、
運転のストレスを軽減する事が出来る。
何より音楽好きにとっては楽しいし、
パーソナリティーやゲストの会話が
良ければ、言う事はない。
デリケートゾーン におい 対策
これから、音楽をプライベートだけではなく、
あのIT企業のように使う職場が増えてくれる
事を願っている。